スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶悪

「いつまで生きてんだよ!!」


保険金殺人のリーダー格の犯人が、被害者の口にむりやり酒瓶を突っ込んで言うセリフです。



話に聞いていて、ずっと気になっていた「凶悪」をようやく観ました。

怒り、恐怖、呆然、、、
いろんな気分にさせられる衝撃作でした。
あまり良い気分になるところはありません。

しかし、正義感であろうと、法であろうと、人が人を裁くことの限界とむずかしさを
考えさせられます。
なんとかあの事件は闇に葬らずに済んだけれど、他に出てきてないのが山ほどあるんでしょう。
あの残虐な殺しを見ると、みな同じように人間に見えるだけで、
まったく別次元の怪物としかいえないような者がいるのだと思います。


「藤井、今月号の入稿に間に合わせて。記事にしよう。」
編集長は最初、藤井の取材を記事にすることを渋っていましたが、、、
警察に、「まだ記事にするのは待っていただきたい」と言われて藤井がブチ切れたあと、
一緒に来ていた明朝24の編集長が放った名言です。

ジャスター氏に聞いて知っていましたが、上司である明朝24の編集長のモデルは中瀬ゆかりだそうです。
岩井志麻子と名コンビですねw
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

〔DVD鑑賞〕凶悪

 『ロストパラダイス・イン・トーキョー』の白石和彌が、ベストセラーノンフィクション「凶悪-ある死刑囚の告発-」を映画化した衝撃作。ある死刑囚の告白を受け、身の毛もよだ ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に色んな意味で生々しい事件でしたね。じじぶうーの演技が特に生々しかった。

最後にリリーフランキーが捕まるから良いものの、確かに捕まらずに犯罪が闇に葬られるケースの方がむしろ多そうで、本当こわい・・・。

No title

じじぶう!っていうのですね。
狂った人間がいちばんこわい。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。